武蔵野の秋の訪れ


Warning: Use of undefined constant ture - assumed 'ture' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nstage/www/nakano-childrens-clinic/wordpress/wp-content/themes/wp/single.php on line 11

武蔵野の秋の訪れ

9月の終わりから10月の初めまでの武蔵野は、夏の終わりとともに秋の気配を感じさせる時期だ。秋はまだ来ていない。

秋はいま、東北にいて、まだこの武蔵野までは来ていない。
セミはいなくなった。
あれほど張り詰めていた空気は、日に日に力を失ってゆく。

私はこの時季、その変化の速さにいつも戸惑い、そしてどこか不安を感じていた。

この時期私がいつも楽しみにしているのは、サルスベリの花である。
サルスベリの花は、夏の終わりにその鮮やかな花を咲かせ、そして9月の日に日に暑さを失っていく

季節に咲き続ける。その美しさは、私の心をいつも支えてくれた。

この時期の武蔵野に一足先に秋を告げるのは、道に落ちる銀杏の実だ。
雨上りなど、ボトボトと落ちている。東大の本郷キャンパスでは、キャンパスに満ちる銀杏の独特な匂いで、学生は長い休みが終わり、授業が再開されるのを知るのだという。

武蔵野の秋は東北からやってくる。

いまはまだ、東北から届くサンマの知らせにその気配を感じ、秋が来るのを待っている。