上福岡なかの小児科

流行りの病気

2022年09月16日(金)New

2022年9月16日現在で当院で流行っている病気です。
.
「covid-19(新型コロナ感染症)」
.
「RSウイルス感染症・ヒトメタニューモウィルス感染症」
RSウイルス感染症は呼吸器感染症で、冬季に流行し、飛沫や接触によって感染します。軽症では感冒様症状、重症では細気管支炎や肺炎を発症します。2歳までにほとんどのお子さんは初感染し、その後何度も発症しますが、症状は軽くなっていきます。乳児では重症化しやすく、低体重児、心肺に基礎疾患がある場合、免疫不全がある場合は注意が必要です。潜伏期は2~8日で、喘鳴が特徴です。
ヒトメタニューモウィルス感染症は咳や鼻水や熱が主な症状です。咳は1週間程度、熱は平均2~3日、長いと5日程度続きます。悪化するとゼーゼー・ヒューヒューする呼吸が始まることもあります。
特に、1歳以下のこどもでは症状が強く出やすく、年長になると症状が軽い場合が多いです。肺炎になってしまうこともあり、胸のレントゲンを撮る場合があります。
RSウィルス感染症も同じ様な症状が出て、診断キットなどで見分けをつけます。
主に春先に発熱に加え、咳がひどく、ゼーゼーする場合は、RSウィルス感染症とともにヒトメタニューモウィルスが疑われます。RSウィルスは0~1歳台で診断されることが多く、ヒトメタニューモウィルスはもう少し年長で1~5歳台で診断されることが多いです。
鼻腔をぬぐった綿棒で迅速診断キット診断することが出来ます。
ウィルス自体に効く特殊な治療薬はなく、症状に応じた対処療法を行います。
咳がひどくなることが多いため、痰の切れをよくする薬の内服に加え、気管支拡張薬を吸入する治療などを行います。
全身の状態が悪かったり、肺炎を合併して入院治療が必要なこともあります。入院しても特殊な治療薬はなく、点滴をしたりして体調が回復するのを待ちます。
発熱が続く場合などは、抗生剤が必要な細菌感染症を合併している場合もあります。

.
「手足口病」
夏に多くみられる病気で、病名のとおり、手(手のひら)や足(足の裏)や口(口の粘膜)に水泡ができます。この病気の原因は、主としてコクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型などで、潜伏期は3日~6日といわれています。口の中に発疹のできている時は痛みで食事ができないこともあります。刺激の少ない食品を選んであげ、水分を十分に補給するようにしてあげてください。

感染情報